支払情報のデータ入力

支払の請求書が来ると、会計ソフトや管理ソフト等にデータ入力を行う必要があります。 しかし、Cloud Invoiceは支払情報を自動で収集しcsv形式でアウトプットするので、その作業が必要なくなります。 また、御社のソフトがインポート出来る形式にcsvを整えるサービスを行っております。

支払請求書の管理

請求書の保管義務期間は5年~10年と、かなり長く設定されています。 そのため、請求書の管理は事務所の場所を取り、過去の請求書の検索・比較を困難にしています。
また、処理する請求書が多くなると、請求書の紛失や未達、未払等が発生するおそれがあります。
しかし、Cloud Invoiceでは、支払の請求情報を自動で集積するため、御社宛の支払請求情報は過年度の物もcsv、PDFの双方の形式でいつでも出力する事が可能なので 支払い請求書の管理が非常に容易になります。

入金確認の自動化(近日実装予定)

規定の入金がなされているかは、売上情報と口座情報を突合して確認しなければなりません。 しかし、Cloud Invoiceでは、売上先が、自ら口座情報を登録するため、自動で入金確認が出来ます。

売上請求書の送付

会計システムから出力されたcsvを読み取り、売上先にメールでのPDF送信や、郵送代行を行う事が可能です。 また、csvの形式調整サービスを行っております。